全日本鹿協会 Japan Deer Society

活動内容

活動予定

【鹿エコツアー】

日時:8月25日~8月26日

場所:静岡県富士宮市ふもとっぱらキャンプ場

説明:親子を対象の鹿エコツアー

 

【総会・講演会】

日時:6月27日(水)

場所:日大生物資源科学部(小田急江ノ島線六会日大前駅)

公演:「ジビエ認証制度と鹿肉の衛生管理について(仮)」森田幸雄東京家政大教授

詳細はこちら

 

 

活動報告

【鹿皮解体・なめし講習会】

3月17,18日に日光で日光MOMIJIKAと共催で、鹿皮解体・なめし講習会を行いました。みなさん熱心に解体からタンニン漬け込みまでを実習しました。

 

 

【第5回全国鳥獣被害対策サミット】

2月27日に農水省において第5回全国鳥獣害サミットが開催され、協会もポスターセッションに選定され、参加しました。400名以上の関係者が集まり、大臣表彰や講演も行われました。

 

 

【新年会】

1月9日の新年会はイタリアン「神楽坂しゅうご」を貸切で23名の方が参加して、にぎやかに開催されました。シェフが腕によりをかけたシカ肉料理の数々に舌鼓を打ちました。フェースブックにその時の様子がアップされていますので、ご覧ください。

https://ja-jp.facebook.com/nihon.shika/

 

【MOMIJIKA FESTIVAL 2017】

11月3日(金)~5日(日)に道の駅 日光街道ニコニコ本陣(栃木県日光市今市)で鹿資源利用の普及を目的に行いました。鹿ソーセージの試食を行い、好評でした。主催は日光MOMIJIKA、全日本鹿協会は協賛しました。
https://sites.google.com/view/nikko-momijika/event

 

 

研修の成果【鹿皮なめし講習会】
10月14(土)、15日(日)にふもとっぱらキャンプ場(静岡県富士宮市)で、30名の参加の下、タンニンなめしと前回なめした革で製品の製作もしました。3月になめし講習会を日光で行う
予定です。

 

 

 

【GOOUT CAMP】
9月29日(金)~10月1日(日)に静岡県富士宮市のふもとっぱらキャンプ場で開催されたキャンプに、(株)ふもとっぱらのブースで、鹿カレー(ふもとっぱら)、鹿製品即売(森のたね)とともに、協会として、ポスター掲載や日本鹿研究誌の展示を行いました。

 

【モンゴル研修】
8月26日~30日の日程で、11名が参加して実施しました。乱獲のため激減し、現在ホステイ山脈国立公園などで保護が行われている赤鹿の群れを視認することができました。

 

【台湾研修】
1月7日~10日の日程で、今年度は台湾での研修を行います。台湾養鹿協会の全面的なご協力を得て、日台鹿シンポや鹿牧場の視察などを予定しています(申込は締め切りました)。

 

【新年会のお知らせ】
1月20日(金)午後7時。エゾジカとホンシュウジカの食べ比べなどジビエを堪能しながら、鹿談義をしませんか(申込は締め切りました)。

 

【鹿革細工教室】
2月23日(木)午後3時~5時 マクドナルド六会店2階

https://map.mcdonalds.co.jp/map/14068# で、藤沢市縁側事業の一環として、行います。先着20名まで。

 

【鹿解体・皮なめし研修】
3月11(土),12日(日)には富士宮で、鹿解体・なめし研修を予定しています。今回はタンニン鞣しに挑戦します。
ご興味のある方は、事務局にご連絡ください。

 

【鹿なめし研修会開催】
10月9,10日に静岡県富士宮市において、鹿皮なめし研修会を協会、(NPO)森のたね、日大畜産経営学研の共催により実施し、40名以上が参加しました。本協会副会長杉田正見氏による鞣しに関する講演、井戸氏や黒崎氏の指導によるミョウバン鞣し実習などを行いました。

 

【鹿革細工教室開催】

12月20日(火)に藤沢市の縁側事業((社福)藤沢育成会受託)に協会が協力し、マクドナルド六会店で鹿革細工教室を開催しました。会員の(NPO)森のたね代表井戸直樹氏の指導の下、20人以上の親子やお年寄りがストラップや小銭入れに挑戦しました。好評につき、2月23日午後3時から再度行う予定です。

トップへ